ホーム > 不妊症のタイプ > 7の倍数

7の倍数

 東洋医学では、女性では7の倍数の年齢の時に身体に変化が現れると考えています。


14歳

    初潮を迎える。

21歳

    ホルモンの分泌が整い、親知らずも生え身体が成人に達します。

28歳

    女性機能が充実しホルモンの分泌がピークに達しました。
    卵巣・子宮の成熟期を迎え、最も妊娠・出産に適した時期となります。

35歳

    女性ホルモンの分泌が少しずつ低下を始め、
    卵巣・子宮の働きが緩やかに衰えをみせます。
    卵子が小さめになったり、以前より成長が遅くなったり
    その質の低下がみえたり、また経血量も減少傾向に。
    そして容姿にも変化が・・・
    ここが、アンチエイジングへのターニングポイントです!!

42歳

    女性機能の衰えが加速されてきます。
    排卵はされていても、その大きさが小さかったり
    卵胞が空だったりと言った変性卵になる事が多くなるなど、
    受精卵として成長が進むことが少なくなってきます。
    また、子宮内膜も充分に育たないなど、着床しづらい
    或いは、着床はしても流産する確率が高まります。

49歳

    そろそろ閉経を迎える方も出てきます。
    人生の実りの秋ですね!


 35歳に成ったら鍼灸で卵巣のアンチエイジングを始めましょう!!
 妊娠のためには婦人機能を高め、卵巣の働きを賦活することが大切です!!

    


大きな地図で見る
住所:
〒223-0053
横浜市港北区綱島西3-8-11
中川ビル1F
最寄駅:
【東急東横線】
「綱島駅」徒歩6分

お問い合わせ 詳しくはこちら