ホーム > 治療の方法

治療の方法

東洋的な見方と治療法
西洋的な見方と治療法

東洋的な見方と治療法

原因
冷え性は、肩こりやむくみ、便秘や頭痛、生理痛など色々な症状を引き起こすと言われていますが、不妊症にもこの冷え症が大きく関係していると言われています。
身体の冷えは血行を悪くし、不妊の原因になると言われてきました。血行不良により、卵巣や子宮にきちんと血液が流れず、栄養や酸素、ホルモン不足から排卵機能と着床機能が低下し、結果的に不妊症になることも多いです。
このことから、手や足の先が冷える方は、まず冷え症の改善を図ることが赤ちゃんを授かるためのはじめの一歩になることも多いです。
治療法
血行が悪いと冷え症になる傾向になるため、冷え症を改善するには、まず体内の血行を良くすることが重要です。そこで、血行を良くするために効果的なケア方法をいくつか紹介します。どれも家に居ながら行える簡単な方法尾なので、冷え症に悩んでいる方はぜひ試してみてください。

これは、不妊治療というよりも、妊娠をするための"体創り"です。
妊娠するための体創りは、お母さんだけではなく、赤ちゃんのためにも必要なことです。

身体を温める

昔から「冷えは万病のもと」と言われているように、不妊症で悩んでいる方の中でも身体の「冷え」に苦しんでいる方がたくさんいます。

冷え症になる大きな理由としては3つあります。
(1) ストレスが溜まっているなど感情が乱れている
(2) 暑い場所、寒い場所などの環境。エアコンで温度調節が
   可能な現代は汗をかくこと自体減ってきています。
(3) 食生活の乱れ、生活習慣の乱れ、過度な疲れなど。


身体の「冷え」は免疫力を下げるだけでなく、身体全体の機能を弱らせます。冬に手がかじかんだ時、細かい作業が出来なかった経験はありませんか?このように身体が冷えると十分に機能が働かなくなるのです。

少しずつ蓄積された「冷え」は本人も気づいていないことがあります。しかし、身体は確実にダメージを受けているのです。一見冷えとは結びつかない肩こりや生理痛などの症状が、実は「冷え」のシグナルなのです。

冷えが長く続けば続くほど、ホルモンのバランスが乱れていき、生殖機能(卵巣、子宮)の低下につながります。
 

お灸

冷え症の治療のひとつで効果的なのがお灸です。冷えを感じる部分を直接お灸で温め、冷えを和らげたり、痛みを抑えたりします。

また、症状を和らげるだけでなく、免疫力を向上させる効果もあります。副作用もなく気軽に行える治療なのでご自身で行う事もできます。
 

鍼治療

鍼を使った治療は、病気の原因に直接アプローチするのではなく、元々体が持っている自然治癒能力を最大限に高めることで回復させる治療です。

東洋医学では「腎」「肝」「脾」が、月経、妊娠と深く関係している臓器と言われています。ゆえにこの臓器の状態を整えるツボを刺激していきます。

また、筋肉をほぐしたり、内臓の硬さを和らげ、血行を改善することで冷えを取り除き、内臓の動きやホルモンバランスを整えます。

身体は何もしていないよりは多少のストレスを感じた方が、自律神経系が活性化して抵抗力が向上します。

暑い日は暑さを感じて、寒い日は寒さを感じる。おなかが空いた時は食べ物を食べたくなり、疲労がある時は眠たいと感じる。いわゆる自然なストレスを感じる機会が現代人は減ってきているのです。そのため、自律神経系に違和感を感じたり、ホルモン分泌に異常が起こります。そういったことの積み重ねが妊娠しにくい身体をつくってしまうのです。

バランスが狂ってしまった身体を鍼灸治療で整え、必要のないものを除去し、足りないものを補うことで本来の身体を取り戻していきます。

不妊症にも、いろいろありますが原因がはっきりしない「機能性不妊」に対して、鍼治療はもっとも効果を発揮します。機能性不妊は病院やクリニックで実施されている検査方法ではなかなか原因が解明できず、西洋医学的な治療では有効な治療法が見つからない現状があります。

当然、原因がないということはありません。いろいろな要因の中で、考えられる原因の一つが「生殖機能の低下」です。

人間の身体はたくさんの臓器気管がつながっていることで生命を維持しています。しかし、生殖機能そのものは直接関わっていません。そのため、内臓器機能が弱ってきた時に生命維持のために一番最初にカットされてしまうのが生殖機能になります。

また、女性にとっての月経も、生命維持のために必要な血液やエネルギーを排出して、身体に負荷をかけながら妊娠に備えていますが、無理なダイエットなど長期的に身体に負荷をかけると月経が止まります。男性については性欲の減退や製食器不全につながります。

これは、食事で得るはずのエネルギーを大きく制限されることで、身体が生命維持のためにエネルギーが出て行くのを防ぐからです。生殖機能の低下は、身体が生命を維持することに一生懸命になっている場合に起こります。

また、日々の仕事で疲労が蓄積しているな時は、妊娠に必要なエネルギーも得られません。本来人間の身体には、健康な状態を保つための調整機能があります。この機能をホメオスタシスと言います。

生活習慣の悪化や、疲労、重度のストレスなどで内臓器官の働きが悪くなると、ホメオスタシスが生命維持を最優先するため、はじめに生殖機能が低下してしまいます。そのため、女性であれば妊娠しにくい状態に、男性であれば精子の質を悪くし、不妊状態になってしまいます。

ホメオスタシスを正しく働かせて生殖機能を安定させるのが「鍼」「灸」です。ホメオスタシスに関連した不妊症であれば、身体全体の不調を改善することで、妊娠できる身体を手に入れる可能性も上がります。
 

西洋的な見方と治療法

原因
不妊症には女性だけではなく、男性に原因があるケースや両方に原因があるケースがあります。
できるたけ早めに原因を確認して、最適な治療を受けるようにしましょう。
治療法
タイミング法というのは、名前のとおり「女性の排卵のタイミングに性交を合わせること」で妊娠するための治療として基本的な治療になります。
妊娠をするためには、妊娠をしやすいタイミングを正確に把握することと、そのタイミングに性行為を併せることが重要です。タイミング法を実施する場合は、基礎体温の記録は欠かせません。

排卵している可能性が高い時期を予測する方法

(1)基礎体温
基礎体温を毎日つけていれば、次の排卵日がいつごろになるか、ある程度予測がつくようになります。一般的に排卵は生理が始まった日から2週間程度、基礎体温が一番低くなる日の付近と言われています。

ただし、体温が低くなったからといって必ず排卵しているというわけではないので注意が必要です。勘違いされる方が多い部分ですが、実際には体温が低くなった日に排卵が起こる確率は20%以下と言われています。

実際には排卵の可能性が最も高いのは、最低体温の日から対応が上昇し始めているところ、つまり低体温から高体温の期間に移行するタイミングです。体温が最も低い日から数えて1、2日後と言われています。

ここでも確率が高いというだけで、絶対ではありません。体調や個人差もあるため、確実にはかることはできません。しかしながら、妊娠の確立を上げるという意味では必要になりますので、ぜひ覚えておいてください。
(2)超音波断層法
卵胞が20mm程度の大きさに達した時に排卵は起こります。このことから、おおよその排卵時期を推測することが可能です。
(3)子宮頸管粘液(おりもの)の量と質
排卵日が近づくにつれ、頸管粘液(おりもの)の量が増えるため、排卵を予想することが出来ます。指を綺麗に洗ってから膣に挿入することで自分で確認することができます。排卵日が近いとおりものの粘り気が増し、透明色になります。
性行為のタイミング
排卵するタイミングの予測をしたら、その日に合わせて性行為をすれば妊娠する可能性が上がることは言うまでもありません。普通に考えれば、妊娠を最もしやすいのは排卵日ですが、精子は3日程度生きるので、排卵日の前後5日間は可能であれば2~3日に1回性行為をするのが望ましいです。

また妊娠を妨げる原因がない方の場合は、性行為の回数を増やせば妊娠する可能性が高くなることがわかっています。週に一回以上(月に5回以上)子作りに励んでいる夫婦は妊娠する確率が高くなるというデータもあります。

タイミング法を行っている夫婦は、どうしても排卵日に集中して性行為をしてしまいがちですが、夫婦が負担を感じないで性行為を行う事も大切ということです。
人工授精
人工授精は出血や痛みなどがない治療で、短期間で行えます。負担もあまりない治療方法です。排卵時期に合わせて前もって採取した精液を直接子宮に注入します。排卵があって、卵管が通っていることが前提の治療となります。フーナーテスト(性交後試験)の結果が良くなく、精子が卵管を通り抜けられていない場合や、精子が弱く妊娠する力がない場合、精子の数が少ない場合に適応します。

人工授精の場合、精子の持つ受精能力を調べられないため、体外受精をすすめられることもあります。
精液をそのまま注入するケースもありますが、精液を調べて元気な精子のみを選別して注入することも多くなってきています。感染症のリスクを軽減するために抗生物質が処方されることもあります。

人工授精の妊娠確率は1周期あたり7%なので、それほど高いものではありません。通常は1回だけではなく複数回繰り返します。割合的には3回目までに妊娠するケースが多く、7~8回繰り返す場合は妊娠率が著しく低くなってきます。
AID
人工授精の際に、旦那様以外の精子を使用する場合があります。AIDが受けられる条件は夫に精子がないケース、あるいはそれと同等の状態にある場合です。また、女性に排卵があり、排卵が通っていることが前提となります。
体外受精
体外受精とは、卵管から卵子を取り出し前もって採取した精子を受精させて、その受精卵を子宮内に戻す方法です。以前とは異なり体外受精も不妊治療のひとつとして幅広く行われるようになり、特殊な治療ではなくなりつつあります。

体外受精はもともと卵管に何か問題がある方向けにはじめられた方法です。また、腹腔内に癒着があったり、女性側に抗精子抗体があるケースでも勧められます。抗精子抗体も受精卵に対しては機能しないことが確認されています。

シャーレの中で自然に卵子と精子が受精するのを待つため、同時に精子の受精能力を検査することも出来ます。
顕微授精
顕微授精とは体外に取り出した卵子を顕微鏡を使って確認しながら直接精子を注入し、受精させてから子宮に戻す方法です。夫の精液の中に精子を確認できなかった場合でも精巣から精子を抽出して顕微授精をすることが出来ます。

精子が薄かったり弱かったりすると、卵を守っている細胞膜を突き破ることが出来ず受精に至りません。そういった場合は体外受精や顕微授精で受精させた受精卵を子宮に戻します。

精液内に精子がなく、精巣から採取する場合は、精子が未成熟のため、精子を培養してから顕微授精を実施します。
ギフト法
基本的には体外受精と同様の手順で卵子と精子を採取しますが、受精はさせずにお腹を開いて、卵管内に戻す方法です。卵管内で自然に受精するのを待ちますが、卵管に異常がないことを前提に適用する方法です。

卵子と精子を受精させるために卵管内に戻しますが、腹部に穴を空けて腹腔鏡を入れるので、全身麻酔が必要になります。そのため、行う回数は3~4回を限度としています。
ジフト法
卵子と精子を取り出し、体外で自然受精をさせてから受精卵を卵管に戻す方法です。ギフト法と体外受精の中間に位置付けられた方法です。
卵子子宮移植法(OUT法)
卵子を採取する前日に性行為を行い、子宮内に卵子が存在している状態から採卵した卵を子宮内に戻す方法です。人工受精とは反対の方法になります。

卵管が通っていることと、フーナーテスト(性交後試験)で異常がなかったことが条件の方法になります。


大きな地図で見る
住所:
〒223-0053
横浜市港北区綱島西3-8-11
中川ビル1F
最寄駅:
【東急東横線】
「綱島駅」徒歩6分

お問い合わせ 詳しくはこちら